上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「ボーダーライン理論」というモノを紹介します。


まずは、パチンコから!
パチンコの1000円辺りの回転数は、釘によって決められます。



パチンコのボーダーラインとは?
機種ごとに決まっている確率通りに大当たりを引いた場合、
収支がプラスマイナス0になる地点の事です。

ボーダーラインは1000円あたりの回転数で表されます。



例えば「CR新世紀エヴァンゲリオン3~奇跡の価値は~SF」の場合、
2.5円  21回
3円交換  18回
等価交換  17回

この回転数がボーダーラインとなります。


機種によってボーダーラインは変わってきます。
大当たり確率や、ボーナス1回辺りの出玉数が違うからです。



2.5円交換のホールでエヴァを打つのなら、
1000円辺りの回転数が21回転以上回る台を打つ必要があります。


ちなみに私は1000円辺り、25回転以上、回る台を基準に打っています。



1000円で21回転の台と25回転の台。
その差は4回転ですが、同じ台を打つ限り、どんどん差が広がっていきます。



たったの4回転ですが、ここが負け続ける人と、勝ち続ける人の分岐点になりま
す。




負け続ける人ほど、回らなくても連荘すれば勝てると言い続けます。
そして、勝つか負けるかのギャンブルをやっています。



私たちプロは、パチンコ・パチスロをギャンブルだと思っていませんよ。
言うなら「ツンデレ貯金箱」かな。



ボーダーラインより回る台(勝てる台)しか打ちませんから、
回せば回すほど確率は収縮し理論値に近づきます。



ですから1000回転はまろうが2000回転はまろうが、
全然ヘッチャラです。

まあ、そりゃ~ガッカリはしますw



でもね、回せば回すほど理論値に近づくのが分かっているので、
大した心配はしません。



その日に負けても 「う~ん 今日は機嫌が悪いな~」
としか思いません。




勝てる根拠のある台を打ち続けるので、トータルで考えると負けようが無い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように、ボーダーラインを考えながらトータルで勝つ方法を
ボーダーライン理論といいます。




















(・∀・)一休み~!!




















次にパチスロのボーダーラインです。
パチスロは設定によって出玉が調整されます。



設定が低いほど勝ちづらくなり、設定が高いほど勝ちやすくなります。



設定ごとの出玉は「機械割」という数字で表されます。



例えば「うる星やつら」の機械割は、

設定1  97.2%
設定2  99.1%
設定3 101.0%
設定4 103.2%
設定5 106.1%
設定6 109.3%  と、なっています。
(パチスロ攻略マガジン調べ)



機械割は100%がボーダーラインとなります。



「うる星やつら」は、設定3から機械割が100%を超えます。



ですから、設定3以上の台を打ち続ければ、
トータルで必ず勝つ事が出来ます。



ただし、



パチンコは外から釘が見えるので、勝てる台を見つけやすいのに対し、

パチスロは、設定が外から見えない分だけ、設定を読む技術が
必要になります。



と、いっても、パチスロで勝つのが難しいのではなく、
パチンコより覚える事が多いだけの話です。



機械割が100%を越える台を打ち続ければ、
理論上、パチスロで勝つ事が出来る。



これをパチスロのボーダーライン理論といいます。




以上です。




要するに、パチンコならボーダーラインより多く回る台。
パチスロなら、機械割が100%を超える台を打つ。

すると、誰が打とうが嫌でも勝ててしまうよ。 って話です。




これでボーダーライン理論の説明は終わりです。お疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ : パチンコ・パチスロの攻略法 - ジャンル : ギャンブル

<< 完全確率とは? | ホーム | メルマガ解除用フォーム >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。